脳梗塞・脳出血・認知症等脳疾患・歩行困難専門

春日部市・越谷市の訪問リハビリ治療はたすけあい鍼灸整骨院 たすけあい鍼灸整骨院

文字サイズ 標準文字サイズ 拡大
電話 048-755-4410電話 048-755-4410
院長携帯 080-4865-4150院長携帯 080-4865-4150

脳梗塞・脳出血・脳塞栓症等 脳卒中の原因

2014/02/23

!訪問マッサージ協会認定治療院!訪問マッサージ 脳梗塞

 

訪問リハビリ治療専門

たすけあい鍼灸整骨院

対応地域

春日部市・越谷市・蓮田市・白岡市・幸手市・杉戸町等 東部地区

脳梗塞の原因

心臓病
心臓付近で血栓ができやすくなります。その血栓が流れていき、脳内の血管で止まってしまうことが多いのです。
高血圧
血圧が高いと血管を痛めやすくなります。それが動脈硬化を進行させる場合もありますし、血管を痛めると、そこに血栓ができてしまい脳血栓を引き起こします。
糖尿病
血液が固まりやすく、血栓ができやすくなります。また動脈硬化の重大な危険因子でもあります。
高脂血症
動脈硬化を進め、脳梗塞の危険を招きます。
肥満
糖尿病や高血圧、高脂血症、心臓病などを招きます。肥満は万病の元と言われている所以ですね
喫煙・大量飲酒
タバコは説明するまでもなく、百害あって一利なしです。様々な病気の主原因ともなっていますが、動脈硬化や心臓病を引き起こしますし、ドロドロ血液の根源でもあります。また、大量の飲酒も、血圧を上昇させ、動脈硬化を進めてしまいます。
ストレス
高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病などすべてを悪化させる危険因子です。特に、過剰なストレスは血管を収縮させ細くさせるので、ますます血液が流れにくい状態になるとも言えます。
脱水症状
血液が濃くなり固まりやすくなります。血液が固まりやすいと血栓ができやすくなってしまいます。スポーツ中や、寝ている時なども、かなりの水分が失われていますので、要注意です。
加齢・遺伝
年を取れば血管は弱くなり、動脈硬化も当然進行します。また親族に脳梗塞になってしまった人がいれば、要注意です。

 

脳梗塞の原因というのは、たくさんあります。

今すぐ、危険を軽減できるものは、少しずつ軽減していきましょう!!

一覧へ

pagetop